軍刀利神社


軍刀利神社の地図情報☜

軍刀利神社について

武蔵・相模・甲斐の三国を守る神社。
ヤマトタケルノミコトを祀った神社で、戦国時代には軍神として崇敬され、境内には数多くの刀の飾り物が見て取れます。
また、神社のわき道を10分ほど登っていくと、県天然記念物の大きなカツラの木から湧水があふれ、今まで歩いてきた道からは想像もつかない壮大な自然の景色が広がります。根本からは大量の湧水が流れ、昔からどんな日照りが続いても乾いたことがなく、水質も非常に良いものだと言われています。
神社にお参りに来た際は、カツラの木にも会いに行かれることを強くお勧めいたします。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒409-0111 
山梨県上野原市棡原4134

電話番号

0554-67-2916

すべての基本情報を見る

当地では、聖武天皇が伝えた武器である陸軍刀利神社を訪れることができます。刀は、天皇の最高勢力である陸軍の中核武装として、天皇の復興を祈るために使われてきたとされています。陸軍刀利神社は、聖武天皇の復興を祈るために立ち上がったという伝説があるほか、戦国時代から刀を使用していた部隊が祀られているほか、刀刃に書かれた約2,000の名前があるそうです。また、刀刃の約2,000名は、戦国時代から陸軍に所属していた将校の中から選ばれたもので、部隊の名前や尊敬する人物の名前などを書かれているそうです。刀刃には、“刀刃の私”という名前が書かれています。陸軍刀利神社は、聖武天皇の復興を祈るために立ち上がったという伝説があるほか、戦国時代から刀を使用していた部隊が祀られているほか、刀刃に書かれた約2,000の名前があるそうです。また、刀刃の約2,000名は、戦国時代から陸軍に所属していた将校の中から選ばれたもので、部隊の名前や尊敬する人物の名前などを書かれているそうです。刀刃には、“刀刃の私”という名前が書かれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。