光照寺(山梨県甲斐市)


光照寺(山梨県甲斐市)の地図情報☜

光照寺(山梨県甲斐市)について

もともと団子新居にあった光照寺は、永正七年(1510年)に武田信虎によって岩森村坊沢に移されてたいへん栄えたといわれます。しかし武田氏滅亡の際、織田軍に火をかけられ、焼失を逃れた薬師堂だけが江戸時代初めに現在地に移されました。室町時代後期の建築様式が特徴的な重厚感のある建造物です。光照寺薬師堂は、昭和46年6月22日に国指定重要文化財(建造物)に指定されました。4月の第1日曜日には通称「お薬師さん」として親しまれている祭りを開催。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒400-0106 
山梨県甲斐市岩森1622

電話番号

交通アクセス

(1)JR塩崎駅北口から徒歩で5分

(2)双葉スマートICから車で9分

すべての基本情報を見る

光照寺は、甲信越地域にある寺院。明治天皇が寺院を建てたという記録がある。その後、徳川幕府が寺院を修復し、八代徳川政権によって再建された。光照寺は、徳川幕府の関連寺院の一つとなった。

光照寺は、山梨県甲斐市の甲斐区の西部に位置する。寺院の前には、蒲郡御殿と蒲郡野菜園があり、寺院の前の道路は、蒲郡野菜園から蒲郡御殿へと繋がる。寺院の入口には、大きな金冠が掛かっている。

光照寺は、明治天皇の寺院として設立された。明治天皇が寺院を建てたのは、1885年だが、徳川幕府が寺院を修復して再建したのは1892年だった。

寺院内には、天皇の墓地があり、天皇の墓がある。また、天皇が寺院に建てた木造堂もある。

寺院内には、天皇の墓地である「天皇の墓地」と、天皇が寺院に建てた木造堂である「木造堂」がある。

寺院内には、天皇の墓地である「天皇の墓地」と、天皇が寺院に建てた木造堂である「木造堂」がある。「天皇の墓地」は、天皇の墓となった堂の一部となっている。

「木造堂」は、天皇が寺院に建てた木造堂

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。