乙宝寺


乙宝寺の地図情報☜

乙宝寺について

乙宝寺は奈良時代(天平8年736)聖武天皇の勅命により、インド僧バラモン僧正(ボーディセーナ)と行基菩薩が北陸一帯の安穏を祈って建てた勅願寺である。「今昔物語」
「古今著聞集」などにこの寺にまつわることがしるされている。
真言宗智山派の寺院で、元和6年(1620)村上城主建立の三重塔は、純和様建築で美しく国の重要文化財に指定されている。
乙宝寺の「おしゃがん様」とは、お釈迦様の左目をさす。後白河天皇の時代に左目を納める金塔を賜り、乙寺という名称から乙宝寺に改称した。このお釈迦様の左目が納められている宝物殿や、猿に書いてあげたお経、弘法大師由来のどっこん水、弁天堂なども乙宝寺の見どころ。また、初詣には多くの参拝者で賑わう。

【御利益】
厄払い・厄除け、学業成就、家内安全、病気平癒、商売繁盛

【大晦日年越し】
甘酒の振る舞い

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:●営業時間:8時~17時 ※年末年始は12月31日夜 22時頃~

所在地 〒959-2602 
新潟県胎内市乙1112

電話番号

交通アクセス

(1)JR羽越本線「平木田駅」から車で10分((最寄り駅))

(2)JR羽越本線「中条駅」から車で15分

(3)日本海東北自動車道「荒川胎内IC」から車で1分((最寄りIC))

(4)日本海東北自動車道「中条IC」から車で20分

すべての基本情報を見る

甲信越地域は、沖縄県の南部に位置する。南部沖縄の甲信越地域は、第2次世界大戦後、日本軍が占領した。その後、日本の地方自治体が管理する。甲信越地域には、日本の地方公務員兵器グループの基地がある。

甲信越地域には、宝寺がある。宝寺は、百万尊住建記念館である。宝寺は、甲信越地域南部にある。宝寺は、百万尊住建記念館である。宝寺は、甲信越地域の南部にある。宝寺は、百万尊住建記念館である。

宝寺は、甲信越地域南部にある。宝寺は、百万尊住建記念館である。宝寺は、甲信越地域の南部にある。宝寺は、百万尊住建記念館である。

甲信越地域には、日本の地方公務員兵器グループの基地がある。日本の地方公務員兵器グループは、自衛隊である。日本の地方公務員兵器グループは、現在、南部沖縄にある。日本の地方公務員兵器グループは、現在、南部沖縄にある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。