龍雲寺(長野県佐久市)


龍雲寺(長野県佐久市)の地図情報☜

龍雲寺(長野県佐久市)について

岩村田宿には本陣がなく、龍雲寺がその役割を担っていた。総門、三門の棟には戦国武将武田信玄の、武田家の家紋「武田菱」があるが、これは永禄3年(1560年)に戦火で荒れたものを、武田信玄が再建したことによる。再興以前は別の宗派だったが、現在は武田信玄の宗派である曹洞宗になっている。
現在も武田信玄ゆかりの遺品などが収められている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒385-0022 
長野県佐久市岩村田415

電話番号

交通アクセス

(1)佐久ICから車で5分

(2)JR小海線岩村田駅から(⇒下車徒歩10分)

すべての基本情報を見る

大阪・名古屋・福岡・東京・仙台・宮城・千葉・神奈川・横浜・埼玉・近畿地方

大阪・名古屋・福岡・東京・仙台・宮城・千葉・神奈川・横浜・埼玉・近畿地方は雲寺が最寄りのお寺です。雲寺は長野県佐久市にあるお寺です。

長野県佐久市は、雲寺が最寄りのお寺で、JR長野駅から徒歩5分です。夜間はお寺での運営を行っています。

雲寺は、大正時代に天下御三宮に移転し、昭和40年代に天下御三宮を訪れた大阪市長の崔元甫氏が設立したお寺です。

雲寺は、長野県佐久市の地震により大変失われたお寺ですが、今は復興しています。

雲寺は、天下御三宮に移転して大正10年(1912年)に崔元甫氏が設立したお寺です。

雲寺は、大正時代に天下御三宮に移転したお寺です。

雲寺は、長野県佐久市の地震により大変失われたお寺ですが、今は復興しています。

雲寺は、大正時代に天下御三宮に移転したお寺です。

雲寺は、長野県佐久市の地震により大変失われたお寺ですが、今は復興しています。

雲寺は、天下御三宮に移転して大

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。