甲斐善光寺


甲斐善光寺の地図情報☜

甲斐善光寺について

川中島の合戦で兵火が信濃善光寺におよぶのをおそれ、信玄公が仏像や教典をこの地に移して建立。本堂は、東日本有数の木造建造物で国重文に指定されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒400-0806 
山梨県甲府市善光寺三丁目36-1

電話番号

055-233-7570

交通アクセス

(1)JR中央線「酒折駅」から徒歩約15分、JR身延線「善光寺駅」から徒歩約7分

(2)中央自動車道「一宮御坂IC」より約20分、「甲府南IC」より約25分、「甲府昭和IC」より約20分

すべての基本情報を見る

甲斐善光寺は、甲信越地域の一つで、「甲信越建寺協会」の建設により建立された寺です。建立当初は、善光寺の門を開くときに、足元に並んで登る事が出来るようになっていました。現在でも、善光寺の門を開くときは、足元に並んで登るようになっています。

善光寺内には、「金光寺」「銀光寺」「青光寺」の3寺があり、それぞれの寺を訪れると、多くの人が祈っています。また、善光寺内には、「白泉」「黄泉」「青泉」の3つの泉があり、それぞれの泉には、お寺の参拝者が注いでいます。

善光寺内には、貴重な宝石や珍しい木製器などがたくさんあり、お寺の参拝者にとっては、とても便利な場所となっています。

また、善光寺内には、「聖舟」「大川」「天王寺」の3つのお寺があり、それぞれには、聖者や仏教徒などが数多く訪れています。

善光寺は、甲信越地域にある、とても優れたお寺です。ぜひ、お寺に足を運んでみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。