武田八幡宮


武田八幡宮の地図情報☜

武田八幡宮について

新羅三郎義光の曾孫信義が社前で元服し、武田氏を名乗り甲斐武田が発祥したと伝えられ、武田家の氏神として崇敬を集めた神社。信玄が再建した本殿は、国の重要文化財に指定されている。また、勝頼夫人が新府城落城寸前に、戦勝と武田家の繁栄を祈願し、切々たる願文を奉納したことで名高い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒407-0001 
山梨県韮崎市神山町北宮地1185

電話番号

交通アクセス

(1)韮崎駅からバスで

(2)韮崎ICから車で

すべての基本情報を見る

田中八幡宮は、甲信越地域の一つで、盛岡市と登川市の両辺に位置する。東京から約60km離れた位置にある。宮殿は、天然の石で建てられたもので、中央には天王殿、塔があり、中央から北へ向かう入口には、大坪神社がある。また、建物内には、武田宮という名前の由来を持つ武田の皇室がある。今日の文化や歴史を感じることができるだけでなく、厳格な守護神様としての意味も持つ。田中八幡宮は、日本の聖地になるべく、貴重な体験をお楽しみいただけると幸いです。

田中八幡宮は、甲信越地域の一つで、盛岡市と登川市の両辺に位置する。東京から約60km離れた位置にある。宮殿は、天然の石で建てられたもので、中央には天王殿、塔があり、中央から北へ向かう入口には、大坪神社がある。また、建物内には、武田宮という名前の由来を持つ武田の皇室がある。今日の文化や歴史を感じることができるだけでなく、厳格な守護神様としての意味も持つ。田中八幡宮は、日本の聖地になるべく、貴重な体験をお楽しみいただけると幸いです。

田中八幡宮は、甲信越地域の一つで、盛岡市と登川市の両

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。