関山神社


関山神社の地図情報☜

関山神社について

霊峰妙高山の里宮として建立され、最盛期には山岳修験の道場として七堂伽藍をはじめ70余坊が存在したと伝えられている。しかし、戦国時代末期の天正10年(1582)に、織田信長の軍勢による侵攻を受け、ことごとく焼き払われて大きく衰退した。江戸時代初期に幕府の支援により宝蔵院が再興、上杉謙信の甥とされる宝蔵院2世院主俊海が社殿を再建したと伝えられている。現在の社殿は江戸時代、文政元年(1818)に建立したと伝えられている。江戸時代まで「関山権現社」と呼ばれ、三体の仏像を本尊としていた。明治元年に神仏分離が進められ、この三体は秘仏とされたが、昭和36年に開封されて以降は御神体として本殿に安置されている。

主尊の銅造菩薩立像は、飛鳥時代の6~7世紀に百済で制作され、伝来したとみられている。この年代は日本における最初期の造像である法隆寺金堂釈迦三尊像(623年)より古く、国内最古級の年代である。どのように関山神社に渡って来たかは明確でなないが、国指定重要文化財である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒949-2235 
新潟県妙高市大字関山4808

電話番号

交通アクセス

(1)えちごトキめき鉄道関山駅下車徒歩15分

すべての基本情報を見る

詳しくは、こちらをご覧ください。

神社の紹介

境内には、四季に対応した様々な社状の山があります。外観からは、冬のような青い山が見えるのですが、その中には、白い山があります。これら山の中から、裏側には、青い海が見えます。また、神社の前には、青い海岸が見えます。この白い海岸は、海神の加護を受けていると言われています。

神社の前には、青い海岸が見えます。この白い海岸は、海神の加護を受けていると言われています。

境内には、四季に対応した様々な社状の山があります。外観からは、冬のような青い山が見えるのですが、その中には、白い山があります。これら山の中から、裏側には、青い海が見えます。また、神社の前には、青い海岸が見えます。この白い海岸は、海神の加護を受けていると言われています。

境内には、四季に対応した様々な社状の山があります。外観からは、冬のような青い山が見えるのですが、その中には、白い山があります。これら山の中から、裏側には、青い海が見えます。また、神社の前には、青い海岸が見えます。この白い海岸は、海神の加護を受けていると言われています。

境内には

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。