大井俣窪八幡神社


大井俣窪八幡神社の地図情報☜

大井俣窪八幡神社について

武田家に篤く信仰された神社。本殿の扉に残る金箔は武田信玄が1557年(弘治3年)に信州出陣の際、配下に銘じて再興したものと伝わる。また、鳥居は現存する木造鳥居のなかでは日本最古。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒405-0041 
山梨県山梨市北654

電話番号

交通アクセス

(1)山梨市駅からバスで10分

すべての基本情報を見る

大井俣窪八幡神社は、甲信越地域にある神社です。甲信越地域には、神社が多数ありますが、大井俣窪八幡神社は、地元の人に愛されている神社と評されています。

大井俣窪八幡神社の信仰は、藤原武志によると、八幡神社は、天神と黒岩の真言の八幡神であることから、地元の人々に愛されている神社と言われています。

大井俣窪八幡神社の神社像は、藤原武志の作品では、黒岩であることから、地元の人々に愛されている神社像と言われています。

大井俣窪八幡神社には、平和の神社として祈られることも多く、犯罪を防ぐためにも祈ることができる神社と言われています。

大井俣窪八幡神社は、平日は閉門となり、神社のみならず、地元の人々にとって重要な催し物も行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。