山縣神社


山縣神社の地図情報☜

山縣神社について

山県大弐は、江戸で塾を開き、儒学、医学、兵学など多くを伝えたころから「学問の神様」とされ、合格祈願・学業成就を主に参拝されています。1880年(明治13年)の明治天皇山梨御巡幸に際し、祭祀料を賜りました。その後1919年(大正8年)に山縣神社奉建会が設立されました。また、1921年(大正10年)に山県大弐の墓所のありました中巨摩郡竜王村篠原の金剛寺隣接地に社殿が造営され、神社が創建されました。昭和44年11月20日に山県大弐自筆著書並み墨書7点が山梨県指定重要文化財(書跡・典籍)に指定されました。また、平成28年8月1日には、本殿・拝殿・手水屋・鳥居が国登録文化財(建造物)に指定されました。毎年9月23日(秋分の日)には山県大弐の遺徳を偲び、大弐学問祭を開催しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒400-0115 
山梨県甲斐市篠原190

電話番号

055-276-2653

交通アクセス

(1)JR竜王駅南口からタクシーで4分

(2)JR竜王駅南口からコミュニティバスで10分((6:44・7:49・8:49・10:04・12:49・13:34・15:34発、甲斐市役所竜王庁舎下車、徒歩5分、月~金))

(3)双葉スマートICから車で8分

すべての基本情報を見る

神社の地図

山縣神社は、甲信越地域にある。

山縣神社は、百万石の原点を発見した神社である。

山縣神社は、甲信越地域の代表的な神社である。

山縣神社は、百万石の原点を発見した神社である。

山縣神社は、甲信越地域の代表的な神社である。

山縣神社は、百万石の原点を発見した神社である。

山縣神社は、甲信越地域の代表的な神社である。

山縣神社は、百万石の原点を発見した神社である。

山縣神社は、甲信越地域の代表的な神社である。

山縣神社は、百万石の原点を発見した神社である。

山縣神社は、甲信越地域の代表的な神社である。

山縣神社は、百万石の原点を発見した神社である。

山縣神社は、甲信越地域の代表的な神社である。

山縣神社は、百万石の原点を発見した神社である。

山縣神社は、百万石の原点を発見した神社である。

山縣神社は、甲信越地域の代表的な神社である。

山縣神社は、百万石の原

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。