神宮寺


神宮寺の地図情報☜

神宮寺について

圧倒的存在感の山門が出迎えてくれます。豪雪地帯ならではの茅葺で重厚な建築物です。茅の栽培地まで境内にあります。県指定文化財数というよりも何よりも河岸段丘の田圃境で縄文遺跡近くという微妙な立地に鬱蒼と茂る杜は不思議なところです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒948-0006 
新潟県十日町市四日町1300

電話番号

交通アクセス

(1)電車:JR「十日町駅」または北越急行「十日町駅」から徒歩20分 

(2)車:関越道六日町ICから国道253号経由20km30分

すべての基本情報を見る

津軽神宮寺は、福井県小浜市にある神宮として有名です。建物は、13世紀頃に建てられたものです。神宮内には、大きな木造の天井と、小さな木造の天井との間に、雲間があります。この雲間を通る道は、大寺や神社の近くにある狭い道となっています。

津軽神宮寺は、太陽神様のお出迎えをするために、毎年6月に開催される大規模な花火大会です。また、津軽大橋を通る「津軽鉄道大橋キャンプ場」もあります。
紀伊國屋書店より、2018年3月25日発売の本「神宮寺(甲信越地域)」をご紹介します。

神宮寺は、甲信越地域におけるインドの最も古く、そして最も古い寺院です。

甲信越地域には、インド史上最大規模の紀伊國屋があり、神宮寺はその中でも最も古いと言われています。

神宮寺は、天皇陛下が訪れるときに、主要な寺院として使用されています。

神宮寺は、甲信越地域における最も古い歴史を持つ寺院です。

ぜひ、本書を読んでみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。