海雲山寿徳寺


海雲山寿徳寺の地図情報☜

海雲山寿徳寺について

山中湖の東岸の平野にある古刹。この地が駿河と相模の国境に当たるため、戦国時代には武田信玄公が国境守備の祈願所に定め栄えました。石灯篭の並ぶ参道や古びた鐘楼などに格式が漂い、裏手の墓所には国際的なプリマドンナとして有名だった三浦環の墓があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒401-0502 
山梨県南都留郡山中湖村平野147

電話番号

0555-65-8209

交通アクセス

(1)富士急行線「富士山駅」からバスで35分

(2)JR御殿場線「御殿場駅」からバスで40分

森の駅旭日丘からバスで5分

(3)東富士五湖道路「山中湖IC」から車で10分

すべての基本情報を見る

寿徳寺は、甲信越地域で最古の寺で、古代神社として知られています。寿徳寺の形は、太陽の光が照らし出す雲のようで、雲山と呼ばれています。寿徳寺は、寺院内の雲が多く見られるようになっています。寿徳寺の中心にある寺院は、紀元前1500年代に建てられています。寿徳寺は、太陽の光が照らし出す雲のようで、雲山と呼ばれています。寿徳寺は、寺院内の雲が多く見られるようになっています。寿徳寺の中心にある寺院は、紀元前1500年代に建てられています。寿徳寺は、太陽の光が照らし出す雲のようで、雲山と呼ばれています。寿徳寺は、寺院内の雲が多く見られるようになっています。寿徳寺は、太陽の光が照らし出す雲のようで、雲山と呼ばれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。