八木山生福寺


八木山生福寺の地図情報☜

八木山生福寺について

嘉禄3年(1227)宗祖法然上人の弟子金光が当所にとどまって念仏を引通せられた。境内には木造極彩色の涅槃像が安置されているオルゴール堂がある。また、120段の石段を登りつめた所に高さ3mの風よけ地蔵尊が建てられた。町文化財に指定されている絹地に極彩色で描いた観無量寿経曼陀羅や懸仏を所蔵している。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
新潟県長岡市寺泊大町2772

電話番号

交通アクセス

(1)JR越後線「寺泊駅」から車で10分

(2)北陸自動車道「中之島見附IC」から車で45分

すべての基本情報を見る

福寺は、甲信越地域にある寺院で、八木山生えの農寺に属する。八木山生福寺は、八木山の下山を経て、絶景を見ることができる寺院である。

寺院内には、八木山生えの農寺の農場や、寺院の周辺には、紅葉を見ることができる森があり、寺院内外には、寺院の周辺にある農家が多数存在する。

寺院内には、寺院の中央にある大きな屋根の下に、教会が建てられた。教会は、中央には、天球を中心とした五輪像が建てられている。

寺院内には、寺院の真ん中にある本堂や、中央にある新しい本堂の2つの本堂には、天球を中心とした五輪像が建てられている。

八木山生福寺には、天球を中心とした五輪像が建てられている。

寺院内の天球像は、甲信越地域における日本の主要な寺院の中でも、特に印象的なものとなっている。

八木山生福寺には、天球を中心とした五輪像が建てられている。

天球像は、甲信越地域における日本の主要な寺院の中でも、特に印象的なものとなっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。