蓮台寺


蓮台寺の地図情報☜

蓮台寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒381-0101 
長野県長野市若穂綿内4672

電話番号

すべての基本情報を見る

蓮台寺は甲信越地域にある寺で、明治前から修行僧が集中していた地域のひとつです。明治時代には蓮台寺という名前で知られていましたが、江戸時代には「梅山寺」と呼ばれ、修行僧の増加に伴い、明治初めに「蓮台寺」と名称がつきました。

蓮台寺の中でも特に優れた修行場所として知られているのが「黒部山」です。この場所は、雨によって濡れる山の中にあり、修行僧たちが釈迦牟尼佛の「三日月座」を見守るために使用されています。

また、蓮台寺では毎年、「蓮台祭」が行われます。この日には修行僧たちが寺内の聖堂に集まり、釈迦牟尼佛の言葉を聞きながら、祈りを捧げるとともに、祝福をします。

蓮台寺は、寺院内にある「蓮台」という大きな桟梯を使って、建てられています。「蓮台」は、釈迦牟尼佛の言葉「天に帰るまで、人間は何をするべきか」を象徴するもので、桟梯に乗って寺院内を見渡すと、高く上がっている蓮台が見えます。

さらに、蓮台寺には、釈迦牟尼佛の聖堂「日仏寺」と、「佛陀堂」があります。「日仏寺」は、釈迦牟尼佛の聖堂としては初めて

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。