慈照寺


慈照寺の地図情報☜

慈照寺について

江戸時代建立の諸堂が古刹らしい寺観を呈す。県文化財。慈照寺の創立沿革は明確ではありませんが、初め真言宗で、延徳元年(1489)に真翁宗見和尚が寺を再興して曹洞宗に改宗し、開基は武田氏一門の諸角昌清と伝えられています。山門は三間一戸楼門で、屋根は入母屋造、柿葺形の銅板葺です。桁行3間、梁間3間の構造で、1階中央1間は吹き抜けの通路となっています。2階の周囲には擬宝珠高欄つきの切目縁をめぐらし、内部には339躯の五百羅漢像(市指定文化財)が安置されています。この山門は、寛永16年(1639)の建立で、とくに蟇股の彫刻や木鼻、実肘木など細部には桃山時代の古い様式をよく残しており、建物全体として均衡の整った姿を見せる江戸時代初期の貴重な建築です。境内に湧出する龍王水は、竜王の地名の由来とも言われており、市天然記念物になっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒400-0118 
山梨県甲斐市竜王629-1

電話番号

055-276-2510

交通アクセス

(1)JR竜王駅北口からタクシーで3分

(2)JR竜王駅南口からコミュニティバスで16分((10:00、14:30発、慈照寺下車、水・日))

(3)双葉スマートICから車で7分

すべての基本情報を見る

霊山慈照寺は、甲信越地域にある一百多年以上の歴史を持つ、中国の慈照寺。旧史料によると、慈照寺は宋朝によって建立され、元首となった宋代皇帝太后の聖人、慈照天皇によって開放された。また、その後、宋代皇帝、太后、皇后、各種領主など、多くの女性たちが慈照寺へ臨んだ。

慈照寺は、中国の教育と文化の中心となり、各地で活動する教師や職員などを多数集めている。また、慈照寺は、中国の文化遺産にも名を連ね、日本でも知られている。

霊山慈照寺は、甲信越地域にある一百多年以上の歴史を持つ、中国の慈照寺。旧史料によると、慈照寺は宋朝によって建立され、元首となった宋代皇帝太后の聖人、慈照天皇によって開放された。また、その後、宋代皇帝、太后、皇后、各種領主など、多くの女性たちが慈照寺へ臨んだ。

慈照寺は、中国の教育と文化の中心となり、各地で活動する教師や職員などを多数集めている。また、慈照寺は、中国の文化遺産にも名を連ね、日本でも知られている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。