常説寺


常説寺の地図情報☜

常説寺について

最澄の弟子栄澄の開山。寺宝の白輿は、昭和24年5月30日に国指定重要文化財(美術工芸品)。一般的に白輿とは装飾を施さない素木のままの板輿のことをいいます。 部材にはヒノキとツガが使用され、屋根は切妻造で高さ102cm、幅89cm、奥行95cm、轅(ながえ、棒の部分)は348cmです。 「甲斐国志」に承久3年(1221)に起こった「承久の乱」の際に佐渡へ配流となった順徳上皇が越後寺泊より祈願のため甲斐御岳の金桜神社へ勅使を遣わし奉幣(ほうへい)させた記載があります。その文中に「此の地に輿を止め登山せり」とあることから、この白輿は奉幣の際に幣帛(へいはく)を乗せた輿と考えられます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒400-1112 
山梨県甲斐市吉沢714

電話番号

055-277-3727

交通アクセス

(1)JR竜王駅北口からタクシーで14分

(2)双葉スマートICから車で15分

(3)JR甲府駅からバスで24分((桜橋バス停下車、徒歩5分))

すべての基本情報を見る

寺院内部は、数多くの寺院で修理をし、現在は大きな傷を負っている寺院として、全国各地で訪れることができます。また、寺院がある地域では地元の人たちが寺院内を自然光景に満喫していることもあります。寺院内部の写真を見ると、様々な図柄が見られます。寺院内部には、絵画、墨染絵、ポスターなどがいくつもあります。

寺院内には、古い寺院建築物があります。木造の寺院があり、中国の古い寺院と似ています。寺院内部では、中国の古い寺院のような様々な図柄が見られます。

寺院内には、古い寺院建築物があります。木造の寺院があり、中国の古い寺院と似ています。寺院内部では、中国の古い寺院のような様々な図柄が見られます。また、寺院内には、僧侶や修行僧たちの写真が掛かっています。僧侶たちは、その寺院内で修行をしている様子を撮影しています。

寺院内には、古い寺院建築物があります。木造の寺院があり、中国の古い寺院と似ています。寺院内部では、中国の古い寺院のような様々な図柄が見られます。また、寺院内には、僧侶や修行

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。