曹洞宗大本山永平寺


曹洞宗大本山永平寺の地図情報☜

曹洞宗大本山永平寺について

曹洞宗の大本山。寛元2年(1244年)に道元禅師によって出家参禅の道場として開創されました。樹齢680年といわれる老杉に囲まれた敷地には、「七堂伽藍」をはじめとする70余りの殿堂楼閣が点在しています。坐禅体験・写経体験のほかに、泊まりこみで雲水の修業に近い生活を送る参籠や参禅の体験をすることもできます。参籠・参禅は2週間前までの事前予約が必要です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:08:30~16:30

所在地 〒910-1228 
福井県吉田郡永平寺町志比5-15

電話番号

0776-63-3102

すべての基本情報を見る

曹洞宗大本山永平寺は、北陸地域にある曹洞宗の一段高層寺で、平安時代から明治以降にかけて建立されたもので、1925年に大本山を訪れた曹洞宗の大御所、藤原永平先生が敬愛する寺である。永平先生は、「明治以来、陸軍の軍事基地や子供たちの育て所が多数あったため、永平寺にはしばしば親しかった。しかし、大本山のお祝いに行った際には、永平寺のみに行くことができた。大本山が曹洞宗の寺院になるとき、永平寺も大きく変わり、曹洞宗の道徳的な観点から見るものとしての寺院となった」と語る。

永平寺は、大本山の北側にある曹洞宗の寺院の一部で、大本山の北側にある曹洞宗の聖地として使用されている。大本山の北側にある寺院は、天皇が大本山に訪れた際に、永平寺に祝福を行い、その後、永平寺を建て帰った。永平寺の庭園は、大本山の北側にある曹洞宗の聖地として使用されている。

永平寺には、曹洞宗の聖地としての使用があるため、曹洞宗の教えが込められている。永平寺には、曹洞宗の観点から見るものとしての教えが込めら

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。