妙成寺


妙成寺の地図情報☜

妙成寺について

 日蓮宗の本山、1294年日像上人によって開山され、桃山時代の荘厳華麗な建造美を今に伝えます。

 特に五重塔は多彩な彫刻が施され、北陸随一の圧巻と称されています。

 江戸時代には加賀藩前田家から手厚い庇護を受け、隆盛を極めました。

 他の寺院と異なり、見張り窓や抜け道のような地下倉庫が設けられるなど一説では前田家の城砦という見方もされています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:8:00~17:00 (4月~10月)

拝観時間:8:00~16:30 (11月~3月)

その他:年中無休

所在地 〒925-0002 
石川県羽咋市滝谷町ヨ1

電話番号

0767-27-1226

交通アクセス

(1)JR羽咋駅からバスで20分

妙成寺口バス停から徒歩で10分

(2)のと里山海道柳田ICから車で14分

すべての基本情報を見る

北陸地域には、寺が多い。その中でも、まずまずのメインの観光地と言えそうな寺が、ミサキ寺。

寺といえば、どんな感じなのか分からない人も多いと思います。そこで、ミサキ寺を詳しく紹介します。

ミサキ寺は、北陸地域の中でも最も古く、古い寺。様々な国の使者が訪れてきたことがあると言われています。また、日本の神道を中心とした伝統的な寺でもあり、多くの人々の中に親しまれていると言えるでしょう。

そして、寺の中には、とても古い建物が多いのです。その中でも、特に人気のあるのが、ミサキ寺の大塔。大塔の上には、天皇・皇后・各国の使者が祈りを捧げていたと言われています。

また、ミサキ寺の近くには、様々な寺院があり、その中でも、特に人気が高いのが、寺院の裏手にある寺です。その寺院は、その名前が「桜寺」と言うほど、桜が多い寺院です。

ミサキ寺は、北陸地域の中でも古い寺の一つですが、そんなミサキ寺には、いろいろな観光スポットがあります。ぜひ、その中でも、特に人気のある観光スポットを訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。