眼目山立山寺(通称さっかのてら)


眼目山立山寺(通称さっかのてら)の地図情報☜

眼目山立山寺(通称さっかのてら)について

眼目山立山寺は、室町時代の1370年に開創された曹洞宗の名刹で、立山権現と大徹宗令禅師の出会いに始まる開創伝説を有し、山神と竜神という神霊を開基とする大変珍しい寺院。
その昔、お盆のころになると、寺の開基とされる神霊、山神と竜神が待ち合わせをし、山灯竜灯となって大徹禅師のお墓へ飛来したという神秘的な伝承も残る。
立山寺を開いた大徹禅師は、『道元禅師(永平寺開山)―孤雲禅師―徹通禅師―瑩山禅師(總持寺開山)―峨山禅師(總持寺二祖)―大徹禅師』という法系畧を汲み、曹洞宗大本山總持寺第二祖峨山韶碩禅師の高弟五哲の一人で、富山県や北陸一円にとどまらず、新潟・山形・福島・秋田・岐阜の各県下に多くの寺院を創建、立山寺と有縁の寺院が今尚、数多くあるという名僧の誉れ高き禅僧である。
“哲学の道”を散策すると、その伝説がいまなお生きていることを感じることができる。樹齢400年をこえる木々が立ち並ぶ立山寺参道の栂並木は、県の文化財にも指定。癒しの参道として大変有名な場所となっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒930-0422 
富山県中新川郡上市町眼目15

電話番号

交通アクセス

(1)上市駅からバスで10分

JA白萩支店から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

さっかのてらは、高台寺から見た山立山寺という名前の眼目山立山寺です。山に上ると、眼目が見えるような山頂があります。山寺の中には、寺院の中央にある清水の水槽があります。眼目山立山寺は、入門時に寺院内に入ると、眼目が見える場所です。眼目山立山寺は、清水が注ぐようになっていて、眼目が渇っているときには水槽を渡してくれる寺院です。眼目山立山寺は、高台寺から見た山立山寺という名前の眼目山立山寺です。山に上ると、眼目が見えるような山頂があります。山寺の中には、寺院の中央にある清水の水槽があります。眼目山立山寺は、入門時に寺院内に入ると、眼目が見える場所です。眼目山立山寺は、清水が注ぐようになっていて、眼目が渇っているときには水槽を渡してくれる寺院です。眼目山立山寺は、高台寺から見た山立山寺という名前の眼目山立山寺です。山に上ると、眼目が見えるような山頂があります。山寺の中には、寺院の中央にある清水の水槽があります。眼目山立山寺は、入門時に寺院内に入ると、眼目が見え

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。