桂岩寺(羅漢寺)


桂岩寺(羅漢寺)の地図情報☜

桂岩寺(羅漢寺)について

【曹洞宗】文化6年(1809)の海運天麟和尚の発願により五百羅漢安置がはじまりました。その後、20世円戒和尚、21世欄牛和尚が残りの尊像を完成。昭和37年4月火事により焼失したが、復興を発願し、昭和62年に完成奉賛法要が行われました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~17:00

所在地 〒921-8033 
石川県金沢市寺町1-6-46

電話番号

076-241-1985

交通アクセス

(1)金沢駅からバスで20分(北陸鉄道路線バス)

寺町1丁目バス停から徒歩で1分

すべての基本情報を見る

桂岩寺は、羅漢寺とも呼ばれ、北陸地域にある寺院です。

建立は元々、徳川幕府時代に建立されたものですが、最初の11代徳川幕府大使の許可を得て、大正時代に改修されました。

岩屋郷を出て、北上すると、寺院が見えます。

岩屋郷から北上したとき、寺院を眺めると、大きな三角を描いた銅像が目の前にあります。

三角は、寺院の前に立っている三つの木の上に描かれています。

寺院の前には、川が流れています。

川の中で、桂岩寺の寺院の隣にある桂山寺も見えます。

桂山寺は、寺院の中央にある寺院です。

桂山寺は、寺院の中央にある寺院です。

寺院の中央には、大きな桂岩があります。

桂岩寺の寺院は、道端にあります。

道端には、寺院の門があります。

寺院の門を開けると、寺内が見えます。

寺内は、中央にある桂冠の座に座っている桂島さんの姿が見えます。

桂島さんは、寺院の建物に設置された花壇の上に座っています。

桂岩寺は、寺院の中央にある寺院です。

寺院の中央には、大きな桂岩があります。

桂岩寺の寺院は、道端にあります

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。