大岩山日石寺(大岩不動)


大岩山日石寺(大岩不動)の地図情報☜

大岩山日石寺(大岩不動)について

真言密宗大本山大岩山日石寺の創建は神亀2年(725)行基が開いたのが始まりと伝わる古刹。古くから山岳信仰の一端として寺運も隆盛し、最盛期には21社60坊を抱える大寺として名を馳せた。戦国時代の兵火を乗り越え、江戸時代、加賀藩主前田利常の子宝祈願が成就したことで歴代前田家の祈願所として発展。
国指定重要文化財の磨崖仏は、不動明王像、二童子像(矜羯羅童子・制咤迦童子)、阿弥陀如来像、僧形像の5体あり、中でも不動明王像(像高約3.5m)は、大きさや美しさ、保存状態から全国屈指の磨崖仏とされる。
不動明王の岩をめぐって湧き出る『大岩の藤水』と呼ばれる水は、眼病平癒に効果があると言われ、「とやまの名水」にも指定されており、水を汲みに訪れる人も多い。
平成28年7月、四国八十八箇所お砂踏み霊場が復活した。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒930-0463 
富山県中新川郡上市町大岩163

電話番号

交通アクセス

(1)上市駅からバスで25分(大岩下車)

すべての基本情報を見る

大岩山日石寺は、北陸地域にある日石寺です。岩山と日石寺が一体となっており、岩山の頂上に寺院が置かれています。寺院には、大岩山の各峰から石が集まっています。寺院内には、天井には日が昇り、地下には石が沈んでいます。寺院内には、天井には日が昇り、地下には石が沈んでいます。寺院内には、天井には日が昇り、地下には石が沈んでいます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。