金崎宮


金崎宮の地図情報☜

金崎宮について

南北朝の戦いで金ヶ崎に籠城し、非業の死をとげた、後醍醐天皇の2人の皇子、尊良親王(たかながしんのう)と恒良親王(つねながしんのう)を祀る神社です。太平記の一話に尊良親王が永年想いを寄せ続けた姫君御くしげ殿とめでたく結ばれた話もあることなどから、恋の宮として恋愛祈願に多くの人達が訪れます。春には「千本桜」が咲き乱れ、絶好の花見どころとしても知られています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒914-0072 
福井県敦賀市金ケ崎町1-1

電話番号

0770-22-0938

交通アクセス

(1)JR敦賀駅から(ぐるっと敦賀周遊バス 観光ルートで8分「金崎宮」下車)

(2)JR敦賀駅からコミュニティバスで(『松原線』で6分「金崎宮口」下車、徒歩5分)

(3)北陸自動車道・敦賀ICから車で10分

すべての基本情報を見る

金崎宮は、北陸地域にある一座温泉地で、昭和27年に建立された。限定のお湯と温泉を楽しむことができるのが特徴で、温泉の露天風呂には、紅葉や雪などの様々な花がそろっている。また、宮内には、和菓子、酒、お茶などのお飲み物が販売されている。金崎宮は、夏場には夜景が綺麗で、冬場には温泉の湯が冷たいので、どちらも楽しめるという事で、金崎宮を訪れる人たちは多い。また、金崎宮の近くには、温泉地の一部として活躍する長野県立遊樂園もあり、遊具やレストランなどもあるので、金崎宮を訪れる際には、ぜひ一度遊樂園に行ってみて欲しい。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。