正覚院(石川県羽咋市)


正覚院(石川県羽咋市)の地図情報☜

正覚院(石川県羽咋市)について

 泰澄大師が気多の神のお告げを受けて創建したと伝わる寺院です。伊勢内外宮を参拝した帰りに、夢想の歌「恋しくば尋ねても見よ能く登る1つの宮の奥の社へ」のお告げを受けたとされます。

 1000年以上にわたり気多大社の神宮寺としての役割を担いました。

 明治初頭の神仏分離令により気多大社から独立する際に、多くの宝物が正覚院に移設。

 重要文化財の阿弥陀如来坐像も気多大社の大講堂に安置されていた本尊といわれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~17:00

所在地 〒925-0003 
石川県羽咋市寺家町ト92

電話番号

0767-22-0838

交通アクセス

(1)JR羽咋駅からバスで10分

一の宮バス停から徒歩で4分

(2)のと里山海道柳田ICから車で6分

すべての基本情報を見る

僧院は、地元の石川県羽咋市にある。学校は、僧院としては古く、1776年に始まった。現在は、日本の医療機関が集中的に使用している施設で、多くの医師が勤務している。東京都内にある聖母大学と比較して、羽咋市の僧院は、聖母大学の半分近くを占めている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。