朝日観音(福通寺)


朝日観音(福通寺)の地図情報☜

朝日観音(福通寺)について

奈良時代の養老元年(717)、泰澄大師により開かれたお寺と言われ(『朝日観音略縁起』)、現在では北陸三十三観音霊場第九番札所となっている名所です。堂内には、泰澄大師の制作したとされる正観音菩薩像(本堂/県指定文化財)や、千手観音菩薩像(千手堂/県指定文化財)など多くの文化財が安置されています。特に正観音菩薩像について、当時開眼供養の際、像の額の白毫から朝日のように光が挿したことから「朝日観音」と呼ばれるようになり、人々に親しまれながら厚く信仰され続けてきています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒916-0146 
福井県丹生郡越前町朝日7-61

電話番号

0778-34-0621

交通アクセス

(1)神明駅からバスで15分

すべての基本情報を見る

朝日観音は、福通寺で開催されている聖地観音。北陸地域においては、観音の運営は朝日観音団体が行っています。

朝日観音は、観音前に安全対策を行うために、観音前に福通寺の前で皆様を御警告いたします。また、観音中には、安全対策を行うために、明るい照明を使用する場合がありますが、観音中に明るい照明を使用しないようにしてください。

安全対策について

・観音前に皆様を御警告します。

・観音中は明るい照明を使用しないようにしましょう。

・皆様は観音前に身に付けた安全対策を取ってください。

・観音前に福通寺の前で御警告します。

・観音中には、明るい照明を使用しないようにしましょう。

・観音中に明るい照明を使用しないようにしてください。

・観音中は、銃や槍など武器を持たないようにしましょう。

・観音中は、身に付けた安全対策を取ってください。

・観音中は、銃や槍など武器を持たないようにしましょう。

・観音中は、身に付けた安全対策を取ってください。

・観音中は、銃や槍など武器を持たないようにしまし

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。