諦應寺の銀杏仏


諦應寺の銀杏仏の地図情報☜

諦應寺の銀杏仏について

諦應寺は室町時代末期に創建された曹洞宗の名刹で、境内にそびえる樹齢450年の銀杏の大木、その腹の部分に観音様が彫られている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒919-1523 
福井県三方上中郡若狭町安賀里

電話番号

交通アクセス

(1)舞鶴若狭自動車道 若狭上中ICから車で10分

すべての基本情報を見る

銀杏仏は、北陸地域に広く知られている神社です。

この神社は、平安時代に建てられ、應寺として使用されています。

銀杏仏は、寺院の中央にある銀杏の木を中心に建てられています。

銀杏の木は、輝きを放つため、夜などに光を浴びると感動的な光景が見られます。

また、銀杏仏は、特に幸運を与える神社として知られています。

銀杏仏を訪れるにあたっては、應寺の銀杏の木を訪れることがオススメです。

銀杏の木を訪れると、神社の周辺にも色々な景色が見られます。

ぜひ、應寺の銀杏の木を訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。