本覚寺(富山県富山市)


本覚寺(富山県富山市)の地図情報☜

本覚寺(富山県富山市)について

寺宝として楊柳観音像(国指定重要美術品)と砂付き梵鐘(市有形文化財)がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒939-2621 
富山県富山市婦中町富崎5153

電話番号

076-469-2462

交通アクセス

(1)富山駅からバスで35分

すべての基本情報を見る

富山覚寺は、富山県富山市の下部にある覚寺で、現在は、富山県教育委員会によって、覚寺の紹介施設として使われています。覚寺の名称は、覚寺の英語名で、「Mount Tama寺」といいます。

覚寺は、富山県にある最も古い覚寺で、1394年に建立されています。富山県の中央にある富山高原の山中にある覚寺で、現在は、富山県教育委員会によって、覚寺の紹介施設として使われています。覚寺の名称は、覚寺の英語名で、「Mount Tama寺」といいます。

覚寺は、富山県にある最も古い覚寺で、1394年に建立されています。富山県の中央にある富山高原の山中にある覚寺で、現在は、富山県教育委員会によって、覚寺の紹介施設として使われています。覚寺の名称は、覚寺の英語名で、「Mount Tama寺」といいます。

覚寺は、富山県にある最も古い覚寺で、1394年に建立されています。富山県の中央にある富山高原の山中にある覚寺で、現在は、富山県教育委員会によって、覚寺の紹介施設として使われています。覚寺の名称は、覚寺の英語名で、「Mount Tama寺」といいます。

覚寺には、富山県教育

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。