東嶺寺


東嶺寺の地図情報☜

東嶺寺について

昔は「花渓寺」と称していました。長家23代当主長連頼が、父・連龍の菩提(ぼだい)を弔うために、堂宇(どうう)を改築。
1652(慶安4)年、連龍の法号「東嶺寺 庵主」をとって東嶺寺と改称。
藩政期は長家の菩提寺として保護され、境内左側の丘陵にある広大な墓所や、寺院に伝わる歴代の長家領主や家臣からの優れた寄進物から、当時の長家の勢いを垣間見ることができる。
本堂と山門が市指定文化財に登録。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒929-2121 
石川県七尾市田鶴浜ニ部253番地甲

電話番号

0768-68-3501

交通アクセス

(1)田鶴浜駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

日本の一大寺とも呼ばれる寺院。寺院内部には、大きな木造建築が数多く建っています。入口から見ると、広がる展望台から見下ろした白い塔が見渡されます。塔は丸太刀を持った聖者が建てたもので、東嶺寺は日本初。塔の上には、寺院内にある神社の名前が刻まれています。

寺院内には、銅像や金器など多くの印象的な建物があります。大きな建物の中でも、特に人気の一つが梵天浄土寺です。梵天浄土寺は、天然の石で作られており、見ると全身が真っ白なのです。梵天浄土寺は、寺院内にある八条塔の上に建てられています。

寺院内には、豊富な文化財があります。例えば、梵天浄土寺には、天然の石で作られた梵天浄土の像があり、日本初の大型の像です。寺院内には、銅像や金器など多くの印象的な建物があります。大きな建物の中でも、特に人気の一つが梵天浄土寺です。

梵天浄土寺は、寺院内にある八条塔の上に建てられています。東嶺寺は、日本初。塔の上には、寺院内にある神社の名前が刻まれています。

寺院内には、銅像や金器など多くの印象的な建物があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。