常宮神社


常宮神社の地図情報☜

常宮神社について

ご祭神は神功皇后で、氣比神宮の仲哀天皇のお后です。神功皇后がこの地で腹帯をつけたために皇子の応神天皇を安産したという伝説から、安産の神様として崇められ、地元では「お産のじょうぐうさん」と呼ばれ親しまれています。所蔵する国宝の朝鮮鐘は大谷吉継が秀吉の命により奉納したものと伝えられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒914-0832 
福井県敦賀市常宮13-11

電話番号

0770-26-1040

交通アクセス

(1)JR敦賀駅からコミュニティバスで(『常宮線』で22分「常宮」下車)

(2)北陸自動車道・敦賀ICから車で22分

(3)舞鶴若狭自動車道・敦賀南SICから車で25分

すべての基本情報を見る

北陸地域の朝鮮鐘は、宮崎県の常宮神社に接続されている朝鮮鐘。

常宮神社は、日本民団時代に朝鮮人を寄付していた神社で、朝鮮戦争によって被害を受けた人々を支援している。

朝鮮鐘は、常宮神社の朝鮮鐘ホール内に設置されている。

朝鮮鐘は、日本時間の9時に起き、10時に鳴り、11時に止まる。

朝鮮鐘を聴くことで、常宮神社の支援を知ることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。