繁久寺


繁久寺の地図情報☜

繁久寺について

利長公墓所の廟守として造営された曹洞宗の寺院。加賀藩から寺領を与えられて、代々墓を守ってきました。 安政6年(1859年)惜しくも全焼し、現在の建物は文久2年(1862年)の 再建ですが、規模や構造は元の堂宇をそのまま模したと伝えられています。 掃き清められた境内はつつましく清閑な趣があり 、回廊の五百羅漢の豊かな表情に思わず心が和みます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒933-0872 
富山県高岡市芳野89

電話番号

0766-23-3196

すべての基本情報を見る

寺とは、日本の伝統的な宗教施設のこと。寺は、日本の中にある一つの区別された組織で、その目的は、その地域の人々に寺の信仰を伝えることである。寺は、日本の中でも、様々な地域に広がっている。その中でも北陸地域においては、寺達が様々な施設や像を残している。寺達が残した像には、様々な神話や伝説が絡んでいて、それらが寺達の人生にとって重要な意味を持つ。また、寺達が残した文化も、その地域の人々にとって深く感じられている。今回ご紹介する寺は、寺達が残した寺であることから、北陸地域の最も古くから残っている寺である。

寺とは、日本の伝統的な宗教施設のこと。寺は、日本の中にある一つの区別された組織で、その目的は、その地域の人々に寺の信仰を伝えることである。寺は、日本の中でも、様々な地域に広がっている。その中でも北陸地域においては、寺達が様々な施設や像を残している。寺達が残した像には、様々な神話や伝説が絡んでいて、それらが寺達の人生にとって重要な意味を持つ。また、寺達が残した文化も、その地域の人々にとって深く感じられている。

今回

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。