道神社拝殿


道神社拝殿の地図情報☜

道神社拝殿について

道神社は、江戸時代「大御堂」と称され、石動山と関係が深いと伝える猿田彦大神を祀る神社です。現在の拝殿は明治7年(1874)神仏分離により、石動山天平寺の開山堂を移築したもので、現存する数少ない石動山信仰を伝える遺物の一つです。前口三間、奥行き二間の宝形造で、屋根は柿葺き、享和元年(1801)大窪村の藤岡弥三右衛門が棟梁となり建立したもので、加賀藩の御用大工であった大窪大工の建築技術の高さを伝える建物です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒935-0403 
富山県氷見市中田1499

電話番号

交通アクセス

(1)能越道灘浦ICから車で10分

すべての基本情報を見る

まずは、尾張旧道神社拝殿の様子をご紹介します。

道神社拝殿は、北陸地方に位置する尾張市にあります。

道神社拝殿は、明治24年(1900年)に建立されました。

道神社拝殿の見学は、尾張旧道神社拝殿を訪れる際にもおすすめです。

また、道神社拝殿には、多くの小社があります。

尾張旧道神社拝殿は、尾張市内にある最古の制服工芸品の製造所でもあります。

道神社拝殿は、尾張旧道神社拝殿を訪れる際には、是非とも訪れてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。