高爪神社


高爪神社の地図情報☜

高爪神社について

能登富士といわれる標高341mの高爪山の山頂に奥殿が、ふもとの台地に本殿が建っている。
 日本武尊を主神として祀り、7世紀末持統天皇の祈願所となった。利家は修験僧の大福寺北之坊に深く帰依し、自筆の書状を認めて、上洛の際の道中安全や二男利政の病気平癒などの祈祷を依頼した。
 上杉謙信軍によって旧記、寺宝など一切を焼失し荒廃していたが、1585年(天正13年)利家が社殿を再興し、ついで利常が社領を寄進するなど代々の藩主の崇敬を得てきた。
 現在、地元坊に宛てた利家自筆の文書が所蔵されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒925-0561 
石川県羽咋郡志賀町大福寺

電話番号

交通アクセス

(1)のと里山海道 西山ICから車で40分

すべての基本情報を見る

高爪神社は、北陸地域にある極上な神社です。宇宙と地球の結びを意味しています。高爪神社は、天神・地王・魂神・五行神・地蔵神の五神様が合体した神社です。

高爪神社の前には、太陽神社があり、高爪神社の向こうには、日本橋があります。高爪神社の斜面には、まつろばの座標があり、まつろばの座標を指すと、北海道、東北、西日本、中国などの国々が示されます。

高爪神社には、太陽神社、日本橋、まつろばの座標があります。太陽神社と日本橋の距離は、ほぼ1kmです。まつろばの座標は、東京都内の中心部、渋谷区、神田区、新宿区、港区などにあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。