上日寺


上日寺の地図情報☜

上日寺について

北陸33観音霊場17番札所。大和初瀬の長谷観音の申し子とされる百合若大臣が奥州へ下向の途中、暴風雨にあい、しばらくこの地で暮らし、都との連絡につかっていたみどり丸という鷹が嵐でなくなったのを供養して建てたのが始まりとされています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒927-0562 
石川県鳳珠郡能登町真脇

電話番号

交通アクセス

(1)金沢駅から車で120分

(2)のと里山空港から車で30分

すべての基本情報を見る

北陸地域では、日寺とともに基本的な文化が認識されている地域です。日寺は、地元民に愛されてきた神社として、基本的な文化を教えてきました。

北陸地域では、日寺とともに基本的な文化が認識されている地域です。日寺は、地元民に愛されてきた神社として、基本的な文化を教えてきました。

北陸地域では、日寺とともに基本的な文化が認識されている地域です。日寺は、地元民に愛されてきた神社として、基本的な文化を教えてきました。

日本人が日寺を観るときには、やはり、大変印象に残ります。日寺は、高さが違う小さな寺院ですが、中にある大きな堂は印象的です。また、日寺の中には、多くの寺院があり、寺院は、文化を伝えるために使われてきたものです。

北陸地域では、日寺とともに基本的な文化が認識されている地域です。日寺は、地元民に愛されてきた神社として、基本的な文化を教えてきました。

北陸地域では、日寺とともに基本的な文化が認識されている地域です。日寺は、地元民に愛されてきた神社として、基本的な文化を教えてきました。

北陸地域では、日寺とともに基本的な文化が認

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。