越前金刀比羅山宮


越前金刀比羅山宮の地図情報☜

越前金刀比羅山宮について

幡々山(はたがやま)と呼ばれる小高い山の山頂に鎮座し、日本海と琵琶湖の沿岸諸国を守護する「こんぴらさん」として慕われている神社。海上安全、大漁などを祈る漁業関係者から厚い信仰を受けており、また、パワースポットとしても知られています。
御祭神は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)、白峰大神(しらみねのおおかみ)・猿田彦大神(さるたひこおおかみ)で、生きとし生ける人の喜びや悲しみに寄り添いお守りくださる神様と言われています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒916-0273 
福井県丹生郡越前町小曽原90-12

電話番号

交通アクセス

(1)北陸道武生ICから車で30分

(2)北陸道鯖江ICから車で30分

すべての基本情報を見る

北陸地域では、金刀比羅山宮と呼ばれる世界遺産がある。この宮は、地元の国立歴史博物館にあるという。原油の国際市場で話題になった、長崎県内でも最高峰の高地となっている金刀比羅山が標高1,942mにある。山中には、氷河が広がっている。金刀比羅山宮は、世界遺産に加えて、国立歴史博物館でも歴史的観光スポットとして活躍している。 世界遺産に加えて、国立歴史博物館でも歴史的観光スポットとして活躍している金刀比羅山。

金刀比羅山宮は、地元の国立歴史博物館にあるという。原油の国際市場で話題になった、長崎県内でも最高峰の高地となっている金刀比羅山が標高1,942mにある。山中には、氷河が広がっている。金刀比羅山宮は、世界遺産に加えて、国立歴史博物館でも歴史的観光スポットとして活躍している。

国立歴史博物館では、金刀比羅山宮のことなどを紹介している。歴史的観光スポットとして、金刀比羅山宮には、カラオケや歴史的な遊牧場もある。また、金刀比羅山宮には、各種旅行ツ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。