井波別院瑞泉寺


井波別院瑞泉寺の地図情報☜

井波別院瑞泉寺について

徳元年(1390年)、本願寺5代綽如上人によって開かれた寺院。現在の本堂は、明治18年(1885年)に井波の大工や彫刻師などによって再建されたもので、北陸地方の真宗木造建築の寺院としては最も大きな建物です。なかでも、山門正面の精緻な彫刻が見どころ。その多くは井波大工の力作で、井波彫刻の基となったものです。この山門は、昭和40年4月1日に県重要文化財に指定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~16:30

休業:無休(要確認)

所在地 〒932-0211 
富山県南砺市井波3050

電話番号

0763-82-0004

交通アクセス

(1)高岡駅からバスで55分(JR高岡駅→加越能鉄道バス庄川行きで55分、バス停:瑞泉寺前(井波)下車、徒歩2分)

(2)砺波ICから車で15分

(3)城端線砺波駅または福光駅からタクシーで15分(JR高岡駅→城端線砺波駅または福光駅下車そこからタクシー)

(4)城端駅からバスで31分(井波彫刻バス、井波・庄川クルーズシャトル利用)

すべての基本情報を見る

瑞泉寺は、陸上にある寺院で、大正11年8月25日に建立された。寺院の重量約1,000 tonsの木造建物と、大正11年9月3日に建立された大社の東側にある丘陵で、約1,500 meters離れた岩壁との境界線を持つ。瑞泉寺は、清水寺と比較して、深い水源にある。

瑞泉寺の境内には、南国の風景が広がっており、陸上にある寺院とは異なる、山の中にある寺院という感覚を味わえる。

瑞泉寺の院内には、約700の寺院があり、様々な宗教の教祖がいる。

瑞泉寺は、陸上にある寺院とは異なる、山の中にある寺院という感覚を味わえる。

瑞泉寺の院内には、約700の寺院があり、様々な宗教の教祖がいる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。