尾崎神社(石川県金沢市)


尾崎神社(石川県金沢市)の地図情報☜

尾崎神社(石川県金沢市)について

1643年(寛永20年)加賀藩四代藩主前田光高が曽祖父である徳川家康公(東照大権現)をお祀りするため、金沢城北の丸に建立されました。朱塗りで彫刻や飾り金具が施され、日光東照宮の縮図ともいわれ、明治11年、金沢城内に陸軍省が駐屯することとなり、現在地に移築されました。本殿、拝殿・弊殿、中門、透塀等は国の重要文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業時間:6:00~20:00

所在地 〒920-0937 
石川県金沢市丸の内5-5

電話番号

076-231-0127

交通アクセス

(1)金沢駅からバスで5分(北陸鉄道路線バス、城下まち金沢周遊バス(左回りルート)、兼六園シャトル)

武蔵ヶ辻・近江町バス停から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

尾崎神社は、石川県金沢市にある巨大な神社で、尾崎神社は、金沢市八重洲区の中心地となっています。

尾崎神社は、日本の神社として、長年にわたり、金沢市八重洲区の人々に愛されてきました。

その影響を受けて、尾崎神社は、金沢市八重洲区の市街地に沿って、巨大な建物を建てています。

尾崎神社は、金沢市八重洲区の中心地となっているため、金沢市内のすべての観光地に向けて、多くの人が訪れる事が出来ます。

また、尾崎神社は、金沢市内にある全国の神社としても、非常に重要な像になっています。

尾崎神社には、多くの祭壇があり、その中でも特に重要なのが、尾崎大社です。

尾崎大社は、金沢市八重洲区の中心地で、尾崎神社と同じく、長年にわたって、金沢市八重洲区の人々に愛されてきました。

尾崎大社は、金沢市八重洲区の中心地となっているため、金沢市内のすべての観光地に向けて、多くの人が訪れる事が出来ます。

また、尾崎大社は、金沢市内にある全国の神社としても、非常に重要な像になっています。

尾崎神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。