青林寺


青林寺の地図情報☜

青林寺について

和倉温泉街にある曹洞宗の寺。のちの大正天皇が1909(明治42)年に七尾に滞在されたとき、造営された御便殿が移築し残されている。また山の斜面には和みの丘があり、西国三十三所巡りができるように整備され、頂上付近には和みの鐘がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~16:00

所在地 〒926-0175 
石川県七尾市和倉町レ部61

電話番号

交通アクセス

(1)和倉温泉バス停から徒歩10分

すべての基本情報を見る

青林寺は、北陸地域にある寺院で、江戸時代には大阪府の青林寺として有名で、昭和40年代には大阪府青林区の青林寺として法定寺院に登録されました。青林寺の寺院内には、豊富な芸術品が置かれており、また、寺院内には約200種類の花が咲いており、多くの人々に愛されてきました。青林寺では、毎年1月1日に「青林寺火災復興祈祷」を開催しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。