阿岸本誓寺


阿岸本誓寺の地図情報☜

阿岸本誓寺について

能登最古と言われる浄土真宗の寺院。本堂は寛政4年(1792)に再建されたもの。本堂の茅葺屋根は2020年に葺き替えが完了した。庭園内には県指定天然記念物の「アギシコギクザクラ」がある。アギシコギクザクラはヤマザクラ系の菊咲き品種で、花弁を1輪に120~130枚つけ、4月下旬から5月にかけて見頃を迎える。花色が紅色のつぼみから淡いピンク色、満開時は純白に移り変わるのが特徴。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:08:30~16:30 拝観自由

所在地 〒927-2365 
石川県輪島市門前町南力の26番乙地

電話番号

0768-45-1355

交通アクセス

(1)のと里山空港ICから30分(のと里山海道)

すべての基本情報を見る

阿岸本誓寺は、北陸地域の聖地で、基督教国家を築いた阿岸宗旨の教会である。建物は、16世紀初頭に建てられたもので、今は残っているという。寺院内には、その後の建物が立ち並ぶ歴史的地点となっている。

寺院内には、多数の国の王室や貴族が訪れたことがある。その中でも特に話題となったのは、1876年にイギリスのエドワード・レオン主義革命家が訪れた際だ。レオンは、寺院の前を通じて、阿岸を見渡すことができるという位置を奪った。

阿岸本誓寺は、北陸地域の聖地で、基督教国家を築いた阿岸宗旨の教会である。建物は、16世紀初頭に建てられたもので、今は残っているという。寺院内には、その後の建物が立ち並ぶ歴史的地点となっている。

寺院内には、多数の国の王室や貴族が訪れたことがある。その中でも特に話題となったのは、1876年にイギリスのエドワード・レオン主義革命家が訪れた際だ。レオンは、寺院の前を通じて、阿岸を見渡すことができるという位置を奪った。

阿岸本誓寺は、北陸地域の聖地で、基督教国家を築いた阿岸宗旨の教

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。