越中護国八幡宮


越中護国八幡宮の地図情報☜

越中護国八幡宮について

富山市八幡に位置する神社。歴史は古く約2,000年前に御鎮座になったとされる。
第45代聖武天皇の御代、各国に一国一社の八幡宮とされ、古くより氏子崇敬者から親しまれてきた。
「八幡(やはた)の宮」「護国八幡宮」「一国一社八幡宮」等と様々に通称され、家内安全・健康長寿・交通安全・心願成就・商売繁盛・縁結び・安産・子育て・病気平癒・厄除け・武運長久・学業成就等、多くの御神徳(ご利益)のある神々がお祀りされている。
初詣には臨時授与所が設けられ、氏子をはじめ県内各地より崇敬者が参拝に訪れ賑わう。
ご祈祷・お祓いをはじめ、ご朱印やお守りの授与も可。近隣神社の祭典奉仕にて神職が不在の場合もあるため、事前の予約が必要。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:ご祈祷の受付、お守りやご朱印の授与、お問い合わせ等は【8時半~17時】※事前予約が必要

拝観時間:自由参拝は24時間可

所在地 〒930-2222 
富山県富山市八幡718

電話番号

交通アクセス

(1)富山駅より自家用車にて、およそ10~15分程度

(2)公共交通機関の場合、バス(90八幡経由四方線)にて、およそ20分程度  バス停「八幡」にて降車後、徒歩1分 降車してすぐ「朱色の大きな鳥居」が目印

すべての基本情報を見る

日本護国八幡宮は、北陸地域にある国宝である。宮内は、建物の中央にある国権記念館と、国権記念館前の広場を区画としている。

護国八幡宮は、16世紀に建てられたもので、北陸における国宝として知られている。建物の内装は、日本の伝統的な建築の要素を取り入れている。宮内には、日本の風景や歴史を感じる場所が多く、外観からも日本の様式を表現している。

護国八幡宮の主な特徴としては、仏教に基づく国宝であること、鎌倉時代に作られた国権記念館と、国権記念館前の広場を区画としていることが挙げられる。また、護国八幡宮は、京都府内にあるもののみならず、全国各地に設置されている。

護国八幡宮は、文化的にも重要な国宝であり、多くの人が訪れる事ができる。ぜひ、護国八幡宮についてご紹介してほしい。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。