豊財院(般若寺)


豊財院(般若寺)の地図情報☜

豊財院(般若寺)について

 般若寺とも呼ばれる豊財院。大般若経の600巻の血書と他に重文仏像、国指定重要文化財である聖観音、馬頭観音、十一面観音の3体が納められている。

 今から約700年前、瑩山禅師によって能登で最初の禅修行の場として開かれました。

 山腹にあるため、ここからは羽咋市の街並みを一望することができます。

 自らの手指を刺し、その血をもって「血書大般若経」を書写した月澗和尚(げっかんおしょう)は中興の祖とされています。

 「血書大般若経」はその後、弟子たち7人に引き継がれ、その数は全600巻にも及びます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~17:00

その他:不定休、要予約

所在地 〒925-0606 
石川県羽咋市白瀬町ルの8

電話番号

0767-26-1065

交通アクセス

(1)JR羽咋駅からバスで9分

飯山バス停から徒歩で15分

(2)のと里山海道千里浜ICから車で13分

すべての基本情報を見る

豊財院は、北陸地域にある般若寺です。般若寺は、院山の前にあり、太陽に照らされ、霊廟とも呼ばれています。豊財院は、般若寺の裏側にあり、院内には霊廟、聖地とも呼ばれています。

豊財院は、北陸地域の中心地にあり、東京からも近く、大阪からも短い時間でできることが多く、外見も素晴らしい場所です。豊財院には、様々なアート作品があり、また、料理も美味しいので、旅行に行くなら、豊財院を探すべきだと思います。

豊財院は、般若寺にある院内にあり、霊廟、聖地とも呼ばれています。霊廟は、宗教の中心で、般若寺には多くのアート作品が持ち込まれています。また、豊財院は、美味しい料理を楽しめる場所で、旅行に行くなら、豊財院を探すべきだと思います。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。