得法寺


得法寺の地図情報☜

得法寺について

もともと天台宗の寺院であったのが、室町時代の文明7年(1475)、蓮如上人が越前吉崎か京都へ上る途中、若狭に約100日間滞在されたといわれ、ここ得法寺にも逗留されました。得法寺の墓地には、細川幽斎(藤孝)の妻麝香(じゃこう)の出自である、熊川城主沼田氏の供養塔と伝えられるものがあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒919-1532 
福井県三方上中郡若狭町熊川33-26

電話番号

すべての基本情報を見る

法寺は、日本の北陸地域に位置する、寺院である。建てられたのは、12世紀末に日本政府が寺院を築き、小宮寺として使用していた石の部屋の中に、長寿の祖国を祈った後に建てられたものである。

寺院の内部には、多数の小さな寺所があり、大きな寺所から見ると、構造は変わり、中央には営巣のようなものがある。寺院の外観は、雄大な建物の中に、白く塗られた花の庭が見られる。

法寺には、和泉、薬師寺、長寿寺など、多くの寺院がある。和泉は、法寺の入口にある、清涼しい泉である。薬師寺は、法寺の前にある、薬師の遺跡である。長寿寺は、法寺の前にある、長寿の祖国の遺跡である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。