南洲神社


南洲神社の地図情報☜

南洲神社について

西郷隆盛(南洲)と庄内との結びつきは強く、その遺徳をたたえ昭和51年に創建されました。
財団法人荘内南洲会により、南洲会館、南洲文庫と共に運営され、南洲翁に関する遺墨、遺品、研究資料を始め、明治維新関連資料や荘内出身の偉人傑士の書画など数多く収蔵しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

開館時間:9:00~16:00

休館日:日月

所在地 〒998-0055 
山形県酒田市飯森山2丁目304番10号

電話番号

交通アクセス

(1)酒田駅からバスで10分

バス停から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

神社の登場

神社の登場は日本の神社と大きく異なります。神社は中国や韓国、台湾などの日本国内には多く存在し、海外ではアメリカやイギリスなどでも神社が多く見られます。日本においては神社とは歴史的につながっているもので、皆様のご覧になればと思います。

神社の種類

神社の種類は幅広く、特に地域によっては特別な神社が存在します。例えば、神社の大きさや形が異なるところでは、霊廟や寺院とも呼ばれるほか、清掃神社、寝台神社、祭壇神社などがあります。また、国家的な神社もあり、例えば日本の国の総称である日本神話の神社などです。

神社の原点

神社の登場によって、人々の思いや意見となり、その原点となるものが発生します。例えば、霊廟や寺院は聖殿となった建物が原点となります。また、清掃神社は祭壇に埋め込まれた火を原点としています。そして、寝台神社では寝台を火で焼い、祭祀を行うために使われています。

神社の意味

神社は、その原点となるものを祭ったり、その原点に埋め込まれた火を祭ったりして意味を持ちます。また、神社にはその原点である建物の名前をつけることがあり、その名前を知っている人々とつながるために祭りを行うこともあります。

神社の利用

神社の利用は幅広くあります。例えば、祭祀を行うために使われるところでは、寝台神社が多いです。また、霊廟や寺院は、その建物に僧侶やお

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。