月山神社(山形県鶴岡市)


月山神社(山形県鶴岡市)の地図情報☜

月山神社(山形県鶴岡市)について

月山八合目より頂上までの山道は国立公園であると共に、出羽三山神社の境内地であり私有地です。特に頂上の月山神社本宮内は、広大な境内地の中でも、古来より特別な神域となっておりますので、全ての方にお祓いを受けてご参詣頂いております。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:7月~9月

所在地 〒990-0733 
山形県鶴岡市羽黒町 (月山頂上)

電話番号

交通アクセス

(1)鶴岡駅からバスで110分

徒歩で180分

すべての基本情報を見る

山形県の鶴岡市には、月山神社があります。月山神社は、元々は山形県の鶴岡市の鶴岡寺でした。江戸時代に建てられ、昭和45年に大震災後に再建されました。神社内には、月の巨大な窓から見る月が照らされています。神社には、平安時代に建てられたものと、大震災後に再建されたものがあります。

月山神社は、山形県の鶴岡市の一部として、江戸時代に建てられたものと、大震災後に再建されたものがあります。江戸時代に建てられた月山神社は、設計は鶴岡寺長官の江戸川国光氏が行ったものです。大震災後に再建された月山神社は、設計は山形県内外の神社長が合同で行ったものです。月山神社は、神社仏閣としても活動しています。

山神社は、鶴岡市内にある大型の寺院で、山形県の文化遺産として指定されています。山神社の寺院内には、華やかな花火が披露される平和な空間があり、多くの方々に訪れることができます。また、山神社は、平成27年~平成31年までの間、山形県の文化遺産「山形鶴岡県美術館」と共同開館されていました。山神社は、平成29年に新館がオープンし、今では、山形県の文化遺産として知られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。