極楽山西方寺


極楽山西方寺の地図情報☜

極楽山西方寺について

壇ノ浦の合戦で敗れ、この地に逃れた平貞能の遺言により開山された古刹。中国伝来の阿弥陀如来が安置されている。風格ある山門を構え、境内はいつも大勢の参拝客で賑わっている。また青森ヒバで作られた、県内随一の豪華な五重塔も必見。地元では定義さんの名で親しまれている。ダム建設のため交通規制あり。

縁結び、安産の如来様五重塔は壮麗な美しさ

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:拝観8時~17時

その他:年中無休

所在地 〒989-3213 
宮城県仙台市青葉区大倉上下1

電話番号

交通アクセス

(1)東北新幹線仙台駅西口より市バス定義行1時間20分、終点より徒歩すぐ

すべての基本情報を見る

極楽山西方寺は、岩手県極楽山市の山頂上にある、太平洋側に位置する寺です。平成27年5月に新規開拓されたとのことです。

寺内は、中央に三ヶ所の寺院、それぞれの中に建物があり、中央の寺院は、大きな建物となっています。寺院を従え、それぞれの中に建物があるのですが、その中でも特に高い注目を集めているのが、極楽山西方寺の「天理寺」です。天理寺は、大きな建物になっていて、その内部には、天理様の境内にある寺院があり、その寺院は、大きな塔のような建物です。また、天理寺内には、寺院の周辺にある、小さな寺院があります。このように、寺院が多くて、その寺院が大きい建物となっているのが特徴です。

天理寺も、それぞれの中に建物があるのですが、特に高い注目を集めているのが、極楽山西方寺の「天理寺」です。天理寺は、大きな建物になっていて、その内部には、天理様の境内にある寺院があり、その寺院は、大きな塔のような建物です。また、天理寺内には、寺院の周辺にある、小さな寺院があります。このように、寺院が多くて、その寺院が大きい建物となっているのが特徴です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。