梅渓寺


梅渓寺の地図情報☜

梅渓寺について

坂上田村麻呂が蝦夷征服後、東奥鎮護のため聖観音を祀った霊場。奥州三観音の1つの牧山観音を祀る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒986-0011 
宮城県石巻市湊字牧山8

電話番号

0225-22-0914

交通アクセス

(1)仙石線・石巻線石巻駅からバスで15分(徒歩30分)

(2)三陸自動車道石巻河南ICから車で25分

すべての基本情報を見る

梅渓寺は、東北地方にある寺院で、建立当初には梅の渓谷に囲まれた場所でした。清代においては、梅渓寺で開かれる皇帝の除夜祭りが大きな舞台となりました。

梅渓寺は、東北地方にある寺院で、建立当初には梅の渓谷に囲まれた場所でした。清代においては、梅渓寺で開かれる皇帝の除夜祭りが大きな舞台となりました。

梅渓寺は、東北地方にある寺院で、建立当初には梅の渓谷に囲まれた場所でした。清代においては、梅渓寺で開かれる皇帝の除夜祭りが大きな舞台となりました。

また、梅渓寺は、紀元前2世紀頃には、石川県にある天満宮という大寺との共に、天皇の朝聖祭を行うために建立されたものです。梅渓寺は、天皇の朝聖祭に用いられる梅の渓谷を中心とした地域です。

また、梅渓寺は、紀元前2世紀頃には、石川県にある天満宮という大寺との共に、天皇の朝聖祭を行うために建立されたものです。梅渓寺は、天皇の朝聖祭に用いられる梅の渓谷を中心とした地域です。

また、梅渓寺は、紀元前2世紀頃には、石川県にある天満宮という大寺と

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。