本覚寺(宮城県登米市)


本覚寺(宮城県登米市)の地図情報☜

本覚寺(宮城県登米市)について

市の代表的な仏像と言われる阿弥陀三尊像が安置されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒987-0702 
宮城県登米市登米町寺池道場9

電話番号

交通アクセス

(1)東北本線瀬峰駅からバスで60分(徒歩10分)

(2)三陸自動車道登米ICから車で8分

すべての基本情報を見る

本覚寺は宮城県登米市にある。本寺は、明治神宮との関係で、宮城県の中心地となっている。

本寺は、平安13年(1868年)に建立された。寺院は、津波の影響を受け、修復が行われた後、再建された。

本覚寺は、日本の「神道」における重要な観点である。観点から見ると、本寺は、霊廟としての機能を有している。

本寺には、多数の霊廟があり、霊廟に入ると、その場で得られる力を利用することができる。また、本寺内には、多数の聖塔がある。

本覚寺は、宮城県登米市中心にあるため、バスなどで様々な観光客を対象にした催しが行われている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。