鮎貝八幡宮


鮎貝八幡宮の地図情報☜

鮎貝八幡宮について

源義家凱戦の時、応神天皇を奉祀したと伝える。鮎貝城跡あり。 例大祭は毎年10月10日に開催。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒992-0771 
山形県西置賜郡白鷹町鮎貝3303-1

電話番号

交通アクセス

(1)フラワー長井線四季の郷駅から車で2分

すべての基本情報を見る

鮎貝八幡宮は、東北地方にある寺院。14世紀に建立され、鮎貝八幡宮の構造は、広域に広がる西風の中に立ち現れる四方面の寺院建物となっています。寺院内には、天井に現れる大鮎のインド洋画の色彩が美しい櫛沢茶室や鮎貝八幡宮前の開演式場、茶室などがあります。

鮎貝八幡宮は、寺院内にある茶室で茶を楽しむことができます。また、天井に現れる大鮎のインド洋画の色彩を楽しむことができる櫛沢茶室もあります。また、鮎貝八幡宮前の開演式場や茶室を利用して、旅行に出かける際には、とても便利です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。