清水寺(青森県八戸市)


清水寺(青森県八戸市)の地図情報☜

清水寺(青森県八戸市)について

清水寺(せいすいじ)は山号を楞巌山(りょうごんざん)と称し、平安時代の高僧慈覚大師(じかくだいし)が建立したと伝えられています。もともと天台宗でしたが明治時代に浄土真宗に改宗。堂内に残されている棟札から、天正9年(1581)に建立されたことが分かっており、県内最古の木造建築として知られています。

鎌倉時代に中国から伝わった禅宗様(ぜんしゅうよう)という様式を主体として造られており、所々の彫刻には室町時代の特徴を持った文様も残されています。構造は、桁行3間、梁行3間の一重宝形造(ほうぎょうづくり)で、茅葺屋根となっている。禅宗様の中世的仏堂であり、また東北地方北部の貴重な遺構として、昭和55年に国の重要文化財に指定され、翌56年から58年にかけ解体復元工事が行われました。

観音堂には産馬育成の祈願等の絵馬が奉納されており、寛文8年(1668)のものから明治初期のものまで、現在ほとんどが八戸市博物館に寄託され保存管理されています。糠部(ぬかのぶ)33観音札所の第2番札所としても、古くから地元の信仰の対象となっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒031-0023 
青森県八戸市是川中居18-2

電話番号

0178-96-1680

交通アクセス

(1)本八戸駅から車で20分

(2)清水寺前から徒歩で2分

すべての基本情報を見る

清水寺は青森県八戸市の西に位置する寺で、建立は平安時代の1173年とされる。本寺の中心に位置する清水の池は、青森県八戸市の清水寺の誇りである。清水寺は、多くの寺院に次いで非常に古い寺院である。

清水寺は、宗教的には三条宗派の一つで、霊堂や祈祷所は全国各地にある。寺院内には、約1200万円を費やして作られた絵画や陶器などが多く、また、清水寺の主要な寺院である本殿は、平安時代に日本の伝統工芸品である柳川清水の作品や、天皇の宮殿である松平宮の装飾品などを設置している。

清水寺は、平安時代には青森県八戸市の中心に位置し、多くの寺院に次いで非常に古い寺院である。

清水寺は、宗教的には三条宗派の一つで、霊堂や祈祷所は全国各地にある。寺院内には、約1200万円を費やして作られた絵画や陶器などが多く、また、清水寺の主要な寺院である本殿は、平安時代に日本の伝統工芸品である柳川清水の作品や、天皇の宮殿である松平宮の装飾品などを設置している。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。