報恩寺(岩手県盛岡市)


報恩寺(岩手県盛岡市)の地図情報☜

報恩寺(岩手県盛岡市)について

報恩寺(ほうおんじ)は広大な座禅堂と五百羅漢(ごひゃくらかん)で藩政時代から有名。 石川啄木がまだ盛岡中学の学生だったころ、この北山一帯の風光をこよなく愛し、級友とよく散策したといわれる。(詩集「あこがれ」の中の「落瓦の賦」は報恩寺をうたった。)また、 宮沢賢治は 盛岡高等農林学校時代に報恩寺で参禅している。五百羅漢は報恩寺の羅漢堂に納められた尊像で、499体が現存。胎内の墨書銘から、1731年(享保16)、報恩寺代17世和尚が、大願主として造立、4年後に完成した。尊像は京都で9人の仏師によって製作され、盛岡に運んだ輸送用の箱は台座として再利用された。五百羅漢の五百という数字は、多数という意味で、それぞれの尊者に名はなく、服装からは印度・西域・支那の僧の風貌・容姿が連想され、マルコ・ポーロやフビライ・ハンの像もある。五百羅漢の現存は全国で50例ほど確認されているが、木彫りで499体が現存し、造立年代、尊像の製作者まで明確に知り得るのは、全国的にもまれな例といえる。昭和41年に盛岡市の文化財に指定された。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

見学時間:9:00~16:00 羅漢堂(五百羅漢)見学時間※16時閉館

所在地 〒020-0016 
岩手県盛岡市名須川町31-5

電話番号

019-651-4415

交通アクセス

(1)盛岡駅からバスで12分(盛岡駅前東口11番線松園ニュータウン行き(本町通・洞清水経由))

本町通一丁目下車から徒歩で15分

(2)盛岡駅からバスで11分(盛岡駅東口15番線盛岡都心循環バスでんでんむし右回り線)

本町通一丁目下車から徒歩で15分

(3)盛岡駅からタクシーで10分

すべての基本情報を見る

報恩寺は、岩手県盛岡市にある、日本の一つのホームページです。

報恩寺は、そのままでは見に行けないところがありますが、実際にホームページを見てみると、とても豊かな環境が整っています。

それぞれのページには、その地域の文化や歴史が描かれています。

また、報恩寺には、多くの観光スポットがあり、その中でも特に人気の観光スポットとなっているのが、白馬山です。

白馬山は、報恩寺の周辺にある高原で、天然色の天文台が見られる山です。

報恩寺は、そのままでは見に行けないところがありますが、実際にホームページを見てみると、とても豊かな環境が整っています。

それぞれのページには、その地域の文化や歴史が描かれています。

また、報恩寺には、多くの観光スポットがあり、その中でも特に人気の観光スポットとなっているのが、白馬山です。

白馬山は、報恩寺の周辺にある高原で、天然色の天文台が見られる山です。

報恩寺は、そのままでは見に行けないところがありますが、実際にホームページを見てみると、とても豊かな環境が整っています。

それぞれのページには、その地域の文化や歴史が描かれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。