白山神社(山形県長井市)


白山神社(山形県長井市)の地図情報☜

白山神社(山形県長井市)について

長井時広の家臣大須賀長光がこの地に館を構え、加賀白山神社の分霊を勧進したのが始まりとされる。明和4年(1767年)に建立された仁王門は、大正7年に館町北の長遠寺に移築された。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒993-0011 
山形県長井市館町北10

電話番号

0238-88-2558

交通アクセス

(1)フラワー長井線南長井駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

長井市にある白山神社は、東北の名門家族・関家のお家菩提寺として知られています。その古来から継承されてきた伝統的な建物群は、国宝級の名勝であり、現在も程なくして改修を施され、古き良き時代の雰囲気を残しています。

白山神社は、関家が祀っていたもので、境内には関家の墓があります。その他にも、関家によって建てられた山門や三重塔などの象徴的な建物があります。これらの建築物がどのように関家の歴史と文化を表しているかを鑑賞するだけでも、神社の訪れはなかなか楽しいものになります。

また、境内には神社の仏像などが収められており、神社の参拝者は、実際にその仏像を見て、お祈りをしたりと、お参りの意味を深くしています。その他、白山神社では、毎月最初の土曜日には神事が行われ、華やかな行列が行われるなど、儀式が多く行われています。

白山神社は、東北の名門家族・関家の文化を継承しており、古い建物と儀式などが残る古き良き空間であり、多くの人々が訪れる名所です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。