善光寺


善光寺の地図情報☜

善光寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒987-2184 
宮城県栗原市高清水善光寺21-1

電話番号

交通アクセス

(1)東北新幹線古川駅からバスで40分(JRバス分高清水駅下車、さらに徒歩5分)

(2)東北自動車道古川ICから車で25分

すべての基本情報を見る

珠善光寺は、北海道の松前郡珠洲市にある寺院です。室生大禅師が創建し、珠洲宗の寺院として栄えています。珠善光寺は、海上納骨堂をはじめとして、石仏、重要文化財に指定された堂、比叡山聖徳太子院などがあります。

珠善光寺の歴史は古く、8世紀には海上納骨堂として権現・室生大禅師が建立されました。また、珠善光寺は、珠洲宗の寺院として、建物や文化財など多くの施設を持ち、今日も多くの信者に愛されています。

珠善光寺は、比叡山聖徳太子院などの建物が現存しており、年々多くの信者で賑わっています。また、海上納骨堂は、室生大禅師が創設した最古の寺院としても知られており、歴史的な価値も高いです。

珠善光寺は、歴史的な施設が豊富にあるとともに、珠洲宗の歴史と伝統を守り続けている寺院です。珠洲市の観光スポットとしても有名で、今も多くの信者が参拝に訪れています。

信善光寺は、千葉県市原市にある、浄土宗本願寺派の寺院です。元々は晩稲田時代初期の仏教寺として、唐日文化の導入と共に栄えたと考えられています。信善光寺は、特徴的な塔安山門を持ち、唐日文化を体現した建築物が多く現存しています。現在は古墳時代から延べ1200年以上の歴史を持つ、古刹として知られています。近年では、寺院内にある仏教美術や文化遺産を見学するツアーが人気を集めています。また、寺内にある仏教堂でも、定期的に仏教の講話や講習などを開催しています。

善光寺は、東北地方に位置する古代の寺院です。現在では、廃墟となっていますが、江戸時代から明治時代まで、多くの信仰者が訪れた重要な場所です。善光寺は、元勝寺とも呼ばれ、西元822年に極楽浄土を謳う仏教の勝鬘寺として創建されました。この寺には、当時の建物や石像、重要文化財などが残されています。また、善光寺には、多くの美しい自然が広がっています。大きな池があり、滝もあり、森林もあり、野草が咲き乱れています。この寺院では、毎年多くの人々が訪れ、神秘的な魅力にひかれています。

・堂森善光寺(東北地域)は、東北地方の自然と文化を愛する団体の一つである「堂森善光寺協会」によって建設され、森の中にある寺院です。

・堂森善光寺は、極めて素晴らしい写真が撮影された森林の中にあります。

・寺院の壁は、バラ、桜、木、金属などの多彩な色をしています。

・寺院の境内には、清水、白金、銀色などの茶色の土壌があり、夕陽の下で満喫できるようになっています。

・寺院内には、たくさんの寺院門があり、観光客が自由に入り回ることができます。

・寺院内には、寺院の森の中にある「堂森寺院」があり、寺院内にある「堂森並木林」の中から、森の中で遊んだり、詩の詩人の堂々たる作品を見ることができます。

・寺院内には、寺院の中から、森の中にある「堂森亭」があり、寺院内にある「堂森樓」の中から、寺院の中で食事をしたり、寺院内にある「堂森庭」の中から、寺院内にある「堂森花園」の中から、寺院の中で夕食をしたり、寺院内にある「堂森館」の中から、寺院の中で映画を観たりすることができます。

・寺院内には、寺院の中

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。