白山神社(宮城県蔵王町)


白山神社(宮城県蔵王町)の地図情報☜

白山神社(宮城県蔵王町)について

伊達家臣 秋保頼重(あきうよりしげ)によって再建された、由緒ある神社。菊理姫を祀る。生産の神、農業の神として信仰されている。最大の見どころ、参道杉並木で、大きく育った杉の木を避けたため石段が曲がっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒989-0821 
宮城県刈田郡蔵王町円田字森山28

電話番号

交通アクセス

(1)東北自動車道村田ICから車で15分

すべての基本情報を見る



白山神社(宮城県蔵王町)は、古くから宮城県蔵王町内にある神社です。県内で最古の神社と言われており、日本建国紀元前248年(紀元前)に祀られたとされています。当神社は毎年1月15日に新年初詣が行われるなど、お祭りを行うことでも有名です。

白山神社で祀られている神様は、宮城県内で最古の神様と言われており、白山大神、白山尊神、山上大神、白山参議神がそれにあたります。また、神社の正面にあるのは、宮城県内でも最大級の大社殿で、建物の高さも一様で、折り紙を折るような折り面が特徴的な建物となっています。

白山神社では、毎年3月3日に行われる「白山祭り」があります。この祭りは、白山神社を中心に、神輿や手廻り、祭踊りなどが行われる、宮城県内の代表的なお祭りの一つとして、多くの人々が訪れるお祭りです。白山神社は、お祭り以外にも、様々な施設があります。



白山神社(宮城県蔵王町)は、古くから宮城県蔵王町内にある神社です。県内で最古の神社と言われており、日本建国紀元前248年(紀元前)に祀られたとされています。当神社は毎年1月15日に新年初詣が行われるなど、お祭りを行うことでも有名です。

白山神社で祀られている神様は、宮城県内で最古の神様と言われており、白山大神、白山尊神、山上大神、白山参議神がそれにあたります。また、神社の正面にあるのは、宮城県内でも最大級の大社殿で、建物の高さも一様で、折り紙を折るような折り面が特徴的な建物となっています。

白山神社では、毎年3月3日に行われる「白山祭り」があります。この祭りは、白山神社を中心に、神輿や手廻り、祭踊りなどが行われる、宮城県内の代表的なお祭りの一つとして、多くの人々が訪れるお祭りです。白山神社は、お祭り以外にも、様々な施設があります。



白山神社(宮城県蔵王町)は、古くから宮城県蔵王町内にある神社です。県内で最古の神社と言われており、日本建国紀元前248年(紀元前)に祀られたとされています。当神社は毎年1月15日に新年初詣が行われるなど、お祭りを行うことでも有名です。

白山神社で祀られている神様は、宮城県内で最古の神様と言われており、白山大神、白山尊神、山上大神、白山参議神がそれにあたります。また、神社の正面にあるのは、宮城県内でも最大級の大社殿で、建物の高さも一様で、折り紙を折るような折り面が特徴的な建物となっています。

白山神社では、毎年3月3日に行われる「白山祭り」があります。この祭りは、白山神社を中心に、神輿や手廻り、祭踊りなどが行われる、宮城県内の代表的なお祭りの一つとして、多くの人々が訪れるお祭りです。白山神社は、お祭り以外にも、様々な施設があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。